白髪染め 種類

MENU

白髪染めの種類

白髪を染める方法の特徴を見てみましょう。

 

ヘアカラー

 

永久染毛材の化学変化によって髪の内部に染料を入れる方法です。

 

【メリット】

 

色落ちがない、しっかりと色が入る
【デメリット】

 

髪や頭皮にダメージがある、アレルギーを持つ方には使用不可、再び染めるには1ヶ月以上間隔を空ける必要がある。

 

ヘアマニキュア

 

毛髪の表面に染料を結合する方法で髪を染めます。

 

【メリット】

 

髪が痛みにくい、すぐに染まる
【デメリット】

 

シャンプーをすると色落ちする

 

カラーリンス

 

白髪対策に開発された方法で、染料を使い続けていくうちに少しずつ髪を染めていく方法です。当サイトで紹介した商品はこれにあたります。

 

【メリット】

 

髪や頭皮が痛まない、アレルギーを持つ方も使用できる、コストが安い、白髪が目立たにくくなる
【デメリット】

 

染まるには時間がかかる、使用をやめると色が落ちる

 

カラースプレー・マスカラタイプ

 

一時的に髪の表面に染料をつける方法です。

 

【メリット】

 

気になる場所をピンポイントで染められる、髪や頭皮のダメージがない
【デメリット】

 

シャンプーで落ちる、ムラが出やすい、色が落ちやすい

 

白髪染めとカラーリングの違い

 

白髪染めはカラーリング(=ヘアカラー)の一種で、白髪を染めることを特に「白髪染め」と読んでいます。使用する液剤は永久染毛剤と言われ、2つの液を混ぜて使用します。美容院や市販のカラーリング剤はこれにあたります。

 

白髪染めと黒髪を染めるヘアカラーとでは、白髪染めは白髪がうまく染まるよう、ヘアカラーは黒髪がうまく染まるように液の成分や量、配合が異なります。

 

またカラーリングの方法として、半永久染毛材と一時染毛材があります。半永久染毛材はヘアマニキュア・カラーリンス、一時染毛材には白髪かくし(スプレーやマスカラなどの塗るタイプ)があります。

 

ルプルプ染まらない嘘・ホント TOP